So-net無料ブログ作成
検索選択

うちの猫ちゃん [ちょこ]

我が家の猫ちゃん[猫]が、
先日『うし柄同盟』さんに加盟させていただきました[手(チョキ)]


NEC_0004.jpg


しろくろ猫ちゃんって
あまり話題にされることがなくて寂しいなぁ。。。[もうやだ~(悲しい顔)]
と、日頃から思っていたので、
こちらの存在を知ってとても嬉しかったです[わーい(嬉しい顔)][るんるん]


これを機に、
猫ちゃんの紹介をさせていただきます[ぴかぴか(新しい)]


[かわいい]名 前:ちょこ
      ※正式には『おちょこ』ですが、
       呼ぶときは『ちぃた』が多いです
[かわいい]性 別:♀
[かわいい]誕生日:1995年5月8日(仮)
[かわいい]年 齢:13歳
[かわいい]出 身:台東区・谷中


NEC_0930.jpg


今から13年前、
あたしは高校時代の女友達と一緒に暮らしていました

当時、演劇活動を中心にするため、
正社員で働いていた会社を辞めたばかりで、
ちょうどアルバイト先を探しながら、
日中は家にいる生活をしていました

ある春の日、
友人の会社の前に止まっていた車のボンネットの中で
子猫が鳴いているのが発見されました

会社の方々が協力して、車の下にもぐったりして、
なんとか保護したとき、
その子猫は風邪を引いていて、
目ヤニと鼻水で目鼻はふさがり、
なぜか全身傷だらけで、
後足の端の指が両方ともつぶれていました

病院の先生の話だと、
母親とはぐれたか見捨てられて、
ひとりでいたところをカラスにやられたか、
子供にいたずらされたんでしょうとのことでした

生後約1ヶ月、
普通より身体の小さかった子猫は
あまり大きくはならないかもしれない、とも言われました

友人はその子猫をそのままにしておけず、
「飼い主はちゃんと見つけるから、少しの間おいてあげて」
と、自宅に連れて帰ってきました

やがて、『ちび』(仮名)と呼び名がつきました

友人が働きに行っている間、
まだひとりではゴハンもトイレもできないちびの面倒は
あたしが見ることにしました

片手の中に納まるくらいの小さい生命は、
一生懸命に生きようと身体全体で鳴き、
あたしたちを必要としてくれました

一方、
その顔つきは、
眼が釣りあがり、
頬はやつれていて、
お世辞にもカワイイとはいえないくらい
険しい表情をしていました

そして、
子猫はよく寝るはずなのに、
ちびは眠らない子猫でした
というより。。。眠れないようでした

ある日、
ちびをあたしの胸の上に乗せて、
そのまま横になっていたら、
やがてぐっすりと眠りにつきました

それから、
あたしが留守をすると、
ソファーの上でおしっこをしたり、
鳴いて部屋中をうろうろするようになり、
友人も手を焼いてあたしに電話をしてきました
「あなたがいないと落ち着いて眠れないみたいだから、早く帰ってきて」

そのうち、
友人がちびの引き取り手を見つけてきました

そのとき、ちびはあたしの顔をじっと見つめていました
その眼を見ていたら。。。もうこれ以上、
この子に別れを体験させたくはないと思いました

「お願いがあるんだけど。。。」
あたしは覚悟を決めて友人に話し始めました
「動物と一緒に住める物件を探すから、
ちびをあたしに引き取られてください」
そういって、頭を下げました
友人は、
「ちびはあなたになついているから、
そうしてもらえるなら、それが一番いいよ」
と、言ってくれました

そして、
ちびは晴れて、うちの子になったのです

それが決まったあと、
あまりにも調子のいいところを多々目撃するようになり、
ちびに『お調子者』とあだ名が付き、
お調子者→おちょうし=とっくり、
『とっくり』じゃあ可哀想だから、『おちょこ』で、
と正式に命名されました

友人はしばらく『ちび』と呼んでいましたが。。。

すぐに物件を見つけて、
友人と暮らしたその家を後に、
ちょこと一緒の新生活をスタートさせました

それから今まで、いろんなことがありました

基本的に、ちょこは他人を受け入れられない猫です
あたし以外のひとが家に入ってくると、
何もかもがわからなくなるほど、
発狂して暴れ狂います
そうなったときは、あたしにもどうすることもできません

きっと、とても怖いのだと思います

内弁慶で、気が小さくて、寂しがり屋で、甘えん坊。。。
気も遣ってあげなくちゃいけないし、
猫一倍手は掛かるけど。。。あたしはちぃたが大好きです

いつの日か、ちぃたがこの世を去るとき、
寂しい思いをしないように、
しあわせで暖かな気持ちに包まれて逝けるように、
その日まで、
あたしはちぃたを愛し続けて守っていきたいと思っています


NEC_0785.jpg
 ↑ 磁気ネックレスをしていた頃(笑)


これから、
画像で残っているちょこのベストショット・珍ショット[カメラ]
ぼちぼち、ここに残しておこうかと思っています[ペン]

すいません。。。親バカなもので[たらーっ(汗)]


長々と失礼いたしました。。。




あしあと(10)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

あしあと 10

コメント 19

そらまめ

こんばんは。
ご訪問、そしてコメントありがとうございます。
そして、うし柄同盟へようこそ~!!
うちにもそらがいますが、ここだけの話、そらが一番好きです。
だって、うし柄ちゃん、最高ですよね~(笑)
ちょこちゃん、シアワセになれてよかったね。
うちのそらも母猫とはぐれてずっと雪の中、子猫だったのに
一人ぼっちで生活してました。
もっと早く保護してあげればよかった・・・って
今は後悔しています。
by そらまめ (2008-11-13 17:44) 

うに

ちょこさんは、まりりんさんを信頼しているのですね。
幸せになったちょこさん、ほんとに良かったです。(^-^)
by うに (2008-11-13 17:48) 

まりりん

>そらまめさん
そらちゃん、いいひとに出逢えてよかったですね。。。
そういえば、そらちゃんの鼻の周りの黒模様が他人とは思えません(笑)
by まりりん (2008-11-13 19:42) 

まりりん


>うにさん
いつも心配になるんです「この子はあたしのところに来て、しあわせだったのかな?」って。。。それについて、ちょこは答えてくれませんが、とにかくあたしの出来る限りのことはしてあげようと想っています。。。頼りない同居人ですが(苦笑)
by まりりん (2008-11-13 19:42) 

僕もくま私もくま

とってもいい話で感動しました!
ちょこちゃんが幸せになれて何よりです。

by 僕もくま私もくま (2008-11-13 20:42) 

まりりん

>僕もくま私もくまさん
世の中には生まれても生きていけずに生命を落としてしまう子や、保護されても引き取り手が見つからず、処分されてしまう子がたくさんいるんですよね。。。そういう話を聞くだけで、胸が痛くなります。。。でも、あたしにはちからがありません。。。その想いはちょこに。。。
う~ん、あたしが『過保護』と言われてしまうのは、こういうところなのかもしれません(^^;
by まりりん (2008-11-13 21:07) 

sasasa

ちょこさん、
本当にまりりんさんに出会えてよかったんだと思います(^_^)
今でも、まりりんさん以外を受け入れないのは、
そのけがをしたときに、よっぽどひどい目にあって、
今でもトラウマになっているんでしょうね。
でも、とっても素敵な飼い主さんにめぐりあえて、
今では幸せなんでしょうね。
このままいつまでも、元気で暮らせますように・・・。
by sasasa (2008-11-13 22:53) 

まりりん

>sasasaさん
ちょっと前にテレビで見て知りました。。。子供のときに親に見捨てられた猫は、ひとりぼっちの哀しさと恐怖を知っているから、他の猫よりも自分の縄張りと家族に執着することがあって、それを失いそうになると、全力で阻止しようとするらしいです
ちょこにはたくさんのトラウマがあるのだと思います
最近鼻水が出ることとちょっぴりメタボなのが気になっていますが、元気で穏やかに暮らしてくれることを祈りつつ、あたしはその環境を整えてあげようと思っています
by まりりん (2008-11-13 23:09) 

花火師

運命的な出会いだったのですね
今も、これからもずっと幸せに過ごせるといいですよね
by 花火師 (2008-11-14 00:28) 

まりりん

>花火師さん
あたしは精神状態が不安定なときがあって、よくちょこに助けられています
だから、ちょこが発狂しても、あたしはそれが理解できるような気がします
お互いによく似ているのかも。。。もしかしたら、本当に運命的な出会いだったのかもしれませんね
ソウルメイトなのかな。。。ますます大切にしなくちゃ(^^;
by まりりん (2008-11-14 00:37) 

マティーニ

 おお、お調子者のおちょこくんは、谷中の出身でしたか。あそこはものすごく猫の多いところです。わたしは谷中の猫屋敷みたいな飲み屋で、ひかるくんというのに仲よくしてもらっていましたが、そのひかるくんも、なにかわるいものを食べたらしく、死んでしまいました。
 おちょこくんは、人間でいえばわたしと同じくらいの歳かな、いや、もうちょっと若いのかな、だけど、発狂するところは似てるな、なんて考えています。とにかく、運のよい猫さんです。


by マティーニ (2008-11-14 03:45) 

マユマユ

ちょこくん・・・まりりんさんと出会えて幸せですね!!

メル君は「トラちゃん」なので「うし柄同盟」には入れませんが(笑)
いち会員としてまりりんさんのblogを楽しませていただきます♪

マユマユは家で猫を飼うのは初めてなので~
分からない事があったら色々教えてくださいね!!
by マユマユ (2008-11-14 07:53) 

まりりん

>マティーニさん
あたしも先日初めて谷中に行きましたが、どこかしらに猫の姿があって、いい街なんだなぁと想いました
マティーニさんがちょこと似てるなら、あたしとも似てるかもしれませんね♪。。。あ、失礼いたしました~(^^ゞ
by まりりん (2008-11-14 08:50) 

まりりん

>マユマユさん
メル君も、いいひとと巡り逢えてしあわせだと想いますよん(^_^)
その猫ちゃんの顔を見るとわかります
あたしも猫と暮らすのは、実家のりゅうくん(現在24歳・♂)に次いでちょこが二匹目なので、おちからになれるかどうかは解りませんが、何かあったときは、お気軽にどうぞ。。。でも、気が付いたらもう13年も一緒に過ごしてきたんだなぁ、早いものです
by まりりん (2008-11-14 09:01) 

yumeneko

初めまして。yumenekoです。
カトリーヌさんちから来ました。

ちょこちゃんの気持ちを思うと涙なしには読めませんでした。。。
あれから13年なんですね。
「大きくならない」と言われたちょこちゃん、まりりんさんの愛情で今や立派になられて(笑)
また遊びに来ますね♪
by yumeneko (2008-11-14 18:22) 

まりりん

>yumenekoさん
いらっしゃいませ♪
保護したとき、身体はガリガリに痩せていて手も細くて小さかったのに、今では当時の面影はまったくありません(^^;
日々、丸々と巨大化しています。。。行動も、女の子なのに『オヤジ化』してきて、毎日笑わせてくれますwww
どうぞ、またちょこに会いに来てください。。。お待ちしています
by まりりん (2008-11-14 19:06) 

まりりん

>moonrabbitさん
『nice!』ありがとうございます
by まりりん (2008-11-15 00:31) 

まりりん

>響さん
『nice!』ありがとうございます
by まりりん (2008-11-15 00:32) 

まりりん

>m6324さん
>パトラさん

『nice!』ありがとうございます

by まりりん (2009-01-28 00:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。